スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業マンに必要な勇気とは?…なぜ必要?┃頑張る営業マンを応援します!

勇気が必要な場面は、
大きく分けて3つあります。

一つ目は、
最初のアプローチですね。
テレアポでの初回コールや飛び込むとき。

 ※担当者と話をしたいのですが、
  最初に誰が出てくるかわからないし、
  なかなか取り次いではもらえませんよね。


二つ目は、
アポイントを取るときです。
一度ご説明に上がらせてくださいと言うときです。

 ※お客様の方から、一度説明に来てくれる?
  と言われたら楽ですが、
  こちらからいかがですかと聞くことの方が圧倒的に多く、
  それを言わなければアポイントは入りませんよね。


三つ目は、
クロージングのとき。
ご契約いただけますか!と言って返事を聞くときですね。

 ※これをしないと契約まで至ることはありませんね。
  しかし、これにはとても勇気がいります。
  恋愛で言うならば“告白”の場面と同じですから。


細かく言うと、上記以外にもたくさんあります。
ここで本題に入りますが、なぜ勇気が必要なのでしょうか…。


担当者に取り次いでもらうのもアポイントを取るのも、
承諾をいただくという意味ではクロージングのようなものです。

それぞれの場面で、
承諾をいただけるかどうかの
“確認のための一言”が必要になります。

なぜ勇気が必要かって、断られるかも知れない、
嫌われてしまうかも知れないという怖さがあるからです。


この怖さを克服する方法をお伝えしたいところではありますが、
怖いのはこの“確認のための一言”を言うタイミングがわからなかったり、
答えがわからないからであり、

これらをわかるようになるには経験することなのです。

最初は、断られたり嫌われるのを覚悟してたくさん経験をしていただければと思います。
決して無駄にはなりません。
覚悟して言ってみて
そのやり方が正しいのか間違っていたのか自分で判断し、
自分のスタイルを作り上げていくのです。
つまり、失敗を成功に変えていくのです。

こんなことを書いてしまうと、
役に立たないじゃないか!!
と思われてしまいそうですが、
近いうちになぜ断られるかについても書いていきますので是非期待してくださいね。

前回の記事に書きましたが、

失敗の数はチャレンジの数であり、
チャレンジしなければ失敗も成功もないのです。


何度チャレンジしても失敗し、
うまくいかないときはまたこのブログを覗いてみてくださいね。

これから役に立つ記事をたくさん書いていこうと思います( ..)φ
どうぞよろしくお願いいたします。

お読みいただきありがとうございました(^^)

*******************************************************

一般社団法人 成城心理文化学院認定カウンセラー・講師
NPO法人 日本サービスマナー協会マナー講師養成講座修了

 大柳 摩利子(おおやなぎ まりこ)

*******************************************************

☆自信を無くしてしまった方、目標や目的を見失ってしまった方が
 自己理解を深めて元気になるお手伝いができればと思っております。

☆また、営業職でお悩みの方、特に同じ女性の方、
 ワーキングマザー、シングルマザーの方へ、
 限られた時間の中で結果を出せる具体的な方法をお伝えできればと思っております。











コメントの投稿

Secret

プロフィール

大柳 摩利子

Author:大柳 摩利子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。