スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明もしていないのに断られる理由とは?その理由を排除しましょう!┃頑張る営業マンを応援します!

まだ説明もしていないのに断られるのはなぜ…?

名刺を渡していない、
どんな商品の話をしにきたのか伝えていない、
それなのに…

「結構です。」、「お断りします。」(`_´)

何が結構なの?何に対して断っているの?
なぜ怒っているの??

そう思いますか…?

なぜ断るかって、それは…
“あなたが営業マンだから”
“何か売りに来た”と、思っているからです。


忙しいのに対応していられないからです。

話は聞いていませんが、“うちには必要ない”
と思ったからです。


だから、なぜ話を聞いていないのにうちには必要ないと思うの?
そう思われると思いますが、それは同じような訪問者が多数いるからです。

何を言いたいかというと、あなたは嫌われていません!
“嫌われているのは営業マン”です。


だから、落ち込まないでください(^O^)

そして、上記に挙げた理由をできるだけ排除するように努めましょう。

はい、ここで質問です。


あなたの会社に、家に、営業、よくきますね。
最初に切り出す台詞は何ですか?誰宛にきますか…?

「お忙しいところ恐れ入ります、私○○会社の○○と申しまして○○を扱っている会社ですが…」

「お忙しいところ申し訳ございません、私○○会社の○○と申します。○○のお得なご案内なのですが…」

「○○のご担当者様はいらっしゃいますでしょうか?本日はご挨拶だけでもと思いまして…」

大抵こんな感じではありませんか?
こういう入り方だと、あっ、営業がきたって思いませんか?

上記の台詞、あなたも使っていませんか??

これは…
「私は営業です!」と言っているようなものですよ(^_^;)

だから話も聞かずに“結構です”と言われてしまうのです。

ではどうしましょうか?
入り方を変えてみませんか?


例えば、下記のようなクエスチョン?を与えます。

①一瞬、取引ある会社の人かな?と思わせる。

②何か得する話しかな?と思わせる。

③何しに来たんだろう?と思わせる。


クエスチョン?があるとすぐに結構ですと言われる確率はグンと減りますよ。
隙間ができます。
隙間を作ったら、その隙間を広げましょう。

会社、家への訪問者が誰なのかはっきりわからない、
取引がある会社かも知れない、あなたは勝手に断りますか…?

まず、あなたは詐欺をしに行っているのですか?
原価はただみたいな商品をウン万円、ウン十万円で売りつけようとしているのですか?
違いますよね…?

訪問先にとって有益な話をしようとしに行っているのですよね?

それなら、お忙しいところ大変恐れ入りますなんて台詞は必要ありませんよ(^^)

有益な情報があるのでよろしければお話しますけど?
あら?聞かないでいいんですか?
というくらい自信満々な態度で臨みましょう!(^^)!


お読みいただきありがとうございました。



*******************************************************

一般社団法人 成城心理文化学院認定カウンセラー・講師
NPO法人 日本サービスマナー協会マナー講師養成講座修了

 大柳 摩利子(おおやなぎ まりこ)

*******************************************************

☆自信を無くしてしまった方、目標や目的を見失ってしまった方が
 自己理解を深めて元気になるお手伝いができればと思っております。

☆また、営業職でお悩みの方、特に同じ女性の方、
 ワーキングマザー、シングルマザーの方へ、
 限られた時間の中で結果を出せる具体的な方法をお伝えできればと思っております。





コメントの投稿

Secret

プロフィール

大柳 摩利子

Author:大柳 摩利子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。