スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポ取りで断られるのはOK!嫌われるのはNG!┃営業マンは話すでなく伝える!必死でなく一生懸命に!

皆さんこんばんは(^^)
東京の女性営業コンサルタント大柳摩利子です!

今日は嫌われてしまう典型的なパターンのアポ取りに出くわしたお話しです。

飛び込み営業で断られるのは当たり前ですが、
最低嫌われないようにしたいものです。

断られても
名刺交換したり、何かしらの情報を得る努力をすべきです。
モチベーションが下がる上にただ無駄な時間になってしまいますから。

飛び込み営業はダイレクトにお客様の声を聞くことが出来る
楽しい営業だと思ってもらいたいです♪

では一昨日のことをお話しします。

企業訪問した帰りに一人で食事しました。
注文して、料理を待っていると、

「こんちはぁー失礼しまぁーす!」 と若い男性が入ってきました。

営業マンみたいだけど、何じゃその挨拶は(◎o◎)!

第一印象から悪すぎる!

とびっくりしていると更にびっくりしたことに、
「〇る〇びの〇〇ですぅ」 って(・.・;)
あの〇る〇びの営業マンだったのです。(代理店かも知れないけど)

その後の会話、というか会話ではなかったです・・・


営業マン:「店長さんにご挨拶して名刺渡したいんですけどー」

店員さん:「店長は今日はいません、結構です。」

営業マン:「今度うちでーこういうのがー」

店員さん:「いえ、結構です。」

営業マン:「こういうのなんですけどー」

店員さん:「いらない、いらない」

営業マン:(どんどんお店の中に進み)「あのー」

店員さん:「いいです!」

営業マン:「ありぁとございぁしたー」


言葉遣いがなっていないというだけではありません!
それは営業マンとしてでなく、社会人としてのことです


言葉遣いを直したところでこれではアポイントは獲れません。
思わず追いかけて教えてあげたくなりました(/_;)

この営業マンは何も伝えていません。
話しています。

まったくコミュニケーションがとれていません(T_T)

●「話す」 と 「伝える」 の違いは何でしょうか・・・?

この営業マンは一生懸命ではありません。
必死なんです。

必死すぎます(ー_ー)!!

●「一生懸命」 と 「必死」 の違いは何でしょうか・・・?


今週土曜13:30~池袋にて、セミナーでお話しします(^^)

「伝達力UPセミナー~これで伝わる!お客様の心を掴む態度、話し方」
セミナー後は懇親会です!
ご興味のある方は是非私に会いにいらしてくださいね(*^_^*)

セミナー詳細:http://www.seminarjyoho.com/course_show_88446.html

前回の様子はこちら!


誰のために何のために話すのか、この意識が最も重要です。
口では相手のためと言いながら、
自分のためである場合、それも伝わってしまうのです。

伝わる態度、話し方にはコツもありますが、
意識しなくても想いは必ず伝わります。

想いはあるのにうまく伝えられないという方は、
話しの内容にこだわってしまっているのかも知れません。
また、上手く話そうという意識があるのかも知れません。

ちょっとしたコツを学び、
それを意識して話せば今より何倍も伝わるようになります(^^)
そしてその先も、

「あなたの話しならまた聞きたい」

と思ってもらえるようになります(^^♪


今日もお読みいただきありがとうございました(*^_^*)

*******************************************************

一般社団法人 成城心理文化学院認定カウンセラー・講師
NPO法人 日本サービスマナー協会 認定マナー講師

 大柳 摩利子(おおやなぎ まりこ)

*******************************************************




☆自信を無くしてしまった方、目標や目的を見失ってしまった方が
 自己理解を深めて元気になるお手伝いができればと思っております。

☆また、営業職でお悩みの方、特に同じ女性の方、
 ワーキングマザー、シングルマザーの方へ、
 限られた時間の中で結果を出せる具体的な方法をお伝えできればと思っております。






コメントの投稿

Secret

プロフィール

大柳 摩利子

Author:大柳 摩利子

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。